• オススメ
商品コード:
205

失敗しない「退職・解雇」の実務セミナーDVD

通常価格(税込):
32,400
販売価格(税込):
32,400
ポイント: 600 Pt
関連カテゴリ:
会社を守るDVD > 解雇関連
数量:

【商品内容】

セミナーDVD (本編3枚組 約3時間40分)
セミナー用レジュメ (A4版 12ページ)
資料集 (A4版 85ページ)
制作 : 竹内社労士事務所
販売 : 株式会社 社長を守る会
セミナー収録日 : 2014年02月20日


【商品詳細】

1.解雇に関する常識が一番の非常識!(労働契約解消の類型)
(1)30日分の平均賃金を払えば簡単に解雇できる、と労働基準法に書いてあるのは本当?
(2)「解雇は出来ないので、絶対に退職届が必要である」は勘違い
(3)合意退職は、どちらが言い出したかで2つある!しかし現場は自己都合退職だけ
(4)雇用期間の定めがあれば、期間満了日に当然退職!しかし、争いになる場合とは?
(5)解雇不自由は大企業、解雇自由な中小企業

2.採用面接で聞きたい事は全部聞くこと
(1)トランプのババ抜きで負ける者は、「ババ」を持ち続けた者である
(2)厚生労働省の「公正な採用選考をめざして」のリーフレットは正しいのか?
(3)「問題社員」というウイルスの進入を防ぐ面接法
(4)履歴書からここまで分かること
(5)採用の決め手は、最後はこれでしよう

3.倍返ししたくなるロス社員は、この5タイプ
(1)賃金に見合う労務提供能力の欠如タイプ
(2)組織で一番困る協調性の欠如タイプ
(3)遅刻等が多い勤務態度不良のタイプ
(4)仕事をする心とからだの健康の欠如タイプ
(5)日常生活にトラブルを抱えているタイプ
(6)注意・指導をしながらの改善チャンスの与え方

4.最悪を回避する労務管理のチェックリスト
(1)入社時の労働契約の明確化が命です
(2)社員全員に就業規則を手渡している - 意見聴取、届出よりも、周知が大事
(3)時間外・深夜・休日労働時間数を別集計する意味は?
(4)法人は、労働保険と社会保険が強制加入である
(5)雇入時の健康診断と定期健康診断は、必ず行っている
(6)安全配慮義務違反を問われた時のために民間保険に加入している
(7)割増賃金未払いと労働基準監督官の関係を統計から見て、現実を知る
(8)顧問弁護士の専門を把握している

さらに商品の詳細ページを見る

※ スマートフォンもPCサイトに移動します

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。